FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたぐったり疲れていた

ゆき氏んは疲れていた。
T氏と会話もできないぐらいだったので大層訝しみ、
「憑いているのではないだろうか」と言った。
リョウマが背後にまわりゆき氏んの背中から入り込み探索すると
2体隠れて潜り込んでいたものを発見したので全員で引っ張り出した。
リョウマは半紙に指定した文字を書くようにゆき氏んを促した。
筆をとったゆき氏んは書いてライターで燃やした。
スポンサーサイト

プロフィール

新・古事記 江戸風土記編

Author:新・古事記 江戸風土記編
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。